在宅医療を推進するための市民啓発講演会

2016年09月26日 月曜日

横浜市役所医療局からの講演案内をお送りします。

□■□在宅医療を推進するための市民啓発講演会□■□

これから多くの人が亡くなっていく多死社会を前に、誰しもが病気や介護はある日突然やってきます。
自分らしく「死ぬまでにどう生きたいのか」、人生の最終段階の医療について考えてみませんか。
在宅医療とは何か。在宅で看取るとは何かについてお話しします。

【日時・会場】
日時:平成28年10月13日(木)13:00〜15:00
場所:横浜市開港記念会館 講堂

【内容】
(1) あいさつ・横浜市の在宅医療について(15分程度)
(2)講演・質疑応答(100分)
テーマ
「最期まで自分らしく生きるためには
〜アクティブエンディングのすすめ〜」

【講師】
金子 稚子 氏
(ライフ・ターミナル・ネットワーク代表、終活ジャーナリスト)

【対象者】
対象者:一般市民、在宅医療に関わる関係者・関係機関職員等(定員 300名 先着順)

詳細はこちらのPDFファイルをご覧ください。